サバンナクラブ:サバンナクラブとは

団体概要

名称  :  一般社団法人サバンナクラブ ‐ 東アフリカ友の会
代表理事  :  久 邦彦
設立年  :  1976年(2010年より一般社団法人)
事務所  :  東京都北区赤羽南2丁目4番15 西川会計内
連絡先  :  03-3311-9715(事務局長)
電子広告

活動紹介

会報の発行

会報誌「サバンナ」(B4版 カラー)を奇数月に発行(年6回)。
東アフリカのニュース、随想、紀行文、書籍紹介など、東アフリカのホットな情報を楽しくお伝えしています。

例会の開催

知識を深めるための講演を盛り込んだ集会を定期的に催しています。
勉強だけでなく、会食や懇談など楽しい交流も好評です。
原則として、東京では偶数月、関西地区では春と秋、東北地区では秋に開催。

東アフリカへの支援活動

創立3周年(1979年)より、東アフリカへ恩返しをするために会員から寄付を募り、さまざまな活動をはじめました。

  • 密猟防止用の4WDパトカーを東アフリカの国立公園、保護区に累計32台寄贈。
  • ケニア・カジャド地方(マサイ地域)のロルンゴスワ小学校の全面改築の資金を援助。
  • ケニア・キテンゲラ地区の託児所兼孤児院「サイディア・フラハ」へ敷地の買い足し及び運営費などの支援。
  • タンザニアで密猟を取り締まるレンジャーの遺族へ、生活資金を援助。

文化・啓蒙活動

写真集の出版

  • 創立5周年記念・写真集『マイアフリカ』
  • 創立15周年記念・写真・エッセイ集『サバンナの風』
  • 創立20周年記念・写真集『サバンナの光』
ご購入はお近くの書店または
こちら(http://booklog.jp/users/savannaclub)まで。

講座・写真展の開催

  • 1996年 創立20周年行事としてサバンナ大学市民講座と写真展を開催
  • 2002年 創立25周年行事としてサバンナ大学市民講座(東京大学農学部大教室)と
    写真展「東アフリカ大写真展〜サバンナの風」(東京芸術劇場ギャラリー)を開催

1996年よりオリジナルカレンダーを毎年発行しています
(収益は全て東アフリカの人と動物のために使っています)。

入会案内

趣旨と目的

東アフリカを好きな人が、心おきなく東アフリカについて熱を上げ、語り合える場をつくり、仲間たちと交流すること、これが最大の目的です。東アフリカについての知識や理解を深め、現地の支援も行います。

会員になるには

以下のいずれかに該当すると自認する人は、会員1人以上の推薦を得て入会を申し込み、役員会の承認後、所定の入会金の支払いをして会員となることができます。ただし、1年間は審査期間とし、反社会的な団体に関係がある場合などは入会を取り消すことがあります。

  • アフリカのことになると、夢中でしゃべりまくる人
  • 東アフリカのことなら何でも聞きたがる人
  • 「東アフリカ・マニア」と呼ばれても抗議しない人
  • 東アフリカの水をまた飲みたいと思っている人
  • 東アフリカにとにかく一度は行ってみたい人
  • 東アフリカに骨を埋めたい人
  • 東アフリカに心から郷愁を感じる人
  • 他の人が東アフリカへ行くと聞くと、ねたましく思う人
  • マサイの生活をうらやましいと思う人
  • バオバブの木にメルヘンを感じる人
  • 野生動物・・・それが東アフリカだと思っている人
  • 夕日はサバンナが一番だと思っている人

会費

入会金  :  5,000円
年会費  :  6,000円
例会費  :  会員5,000円、ゲスト6,000円

寄付

会員のみなさんに、寄付をつのっています。以下の2種類あります。

  • 野生動物保護、東アフリカの民生支援などへの寄付
  • 経常会計(会費発行費、通信費など)への寄付

運営について

  • 運営は会員のボランティア活動で行っています。
  • 会員には、人件費、謝礼などは一切支払わないことを原則としています。
  • 会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日まで。
  • 経常会計(会費発行費、通信費など)への寄付

問い合わせ

ご質問などは、E-mailかファックス、お電話などでお気軽に問い合わせください。

一般社団法人 サバンナクラブ 事務局長 伊室一義
〒168-0062 東京都杉並区方南2ー27ー15
TEL : 03-3311-9715  FAX : 03-3311-9715
E-mail : info@savannaclub.jp(@は半角に書き換えてください)

Page Topへ